| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミーの絶不調の原因とは.....!?

スミマセン!!
また長らく放置してしまいました。
「絶不調」なんて書いてそのままで、ご心配おかけ致しました。
それでは「絶不調」の原因のお話です。


新しく変えた肝臓のお薬「ヘパアクト」


お薬の成分など詳細はこちらへ。


1錠ずつ1日2回与えるように処方されたのですが
匂いがダメみたいでオブラートに包んで
ご飯にまぜて与えました。
でもそれでも匂いがするらしく、なかなか食べてくれません。
仕方なく、1錠をいくつかに割り、カプセルに入れて与えてみました。

ところが与え始めて翌々日から、食欲が落ち
いつもならパクッとご飯と一緒に食べてくれる筈の
お薬をうまく飲み込んでくれません。

仕方なく療法食ではなく、食いつきの良いスーパーでも
手に入るようなネコ缶でお薬を飲ませるようになりました。
更に食欲不振がひどくなり、食べてくれるならと
お薬の時以外でも食べさせるように........。

結果、こんなにたまってしまいました...........。
18-3-3.jpg

食欲不振以外にも、軟便→下痢......。
そして前記事のようなグッタリ具合。
これは予想以上に肝臓の数値が急速に悪くなっているんだ
と思い焦りました...................。
やがてほとんど食べれなくなり、嘔吐も続きました。

そんな時でも唯一食べてくれたのがこのネコ缶。
有り難かったです。
18-2-2.jpg

とても1ヶ月後に予定していた診察までは
待てず、すぐ病院に連れて行きました。
前回診察より、1週間後です。

私の状況説明から先生も深刻な表情で診察...。
そして血液検査...........すると.............

な、何と肝臓の数値は454→229へ下がっていたのです。
しかも1週間で.......。
で、結局不調の原因はヘパアクトの副作用ではないか
ということになり、点滴、下痢止めの注射等をしていただき
帰宅しました。
もし、肝臓の数値が急に上がっていたせいだったら
即入院だったとのことでした。
副作用は困るけど1週間で数値が半分に下がった薬効は
捨て難いということで、1日2錠から1/2ずつ2回で1日1錠へ変更。

しかしそれでも2、3日飲ませ続けたら
嘔吐するようになってしまいました。
肝臓の数値が下がってくれるのは嬉しいですが
これではどうしようもありません。
効能書きにも書いてありますが、空腹時の投与は
特に嘔吐をまねいてしまうらしく、私もかなり注意して
飲ませていたのですが、本当に扱いが難しいお薬です。
で、結局残念ながらヘパアクトは中止。
治療方針を見直すことになりました。

*あくまでもミーには合わなかっただけですので、ご了承下さい。


食欲の面だけ以前より若干落ちましたが
その他は今まで通り元気にしています。
18-4-4.jpg

新しい治療方針や、食欲アップのための奮闘振りは
また引き続きアップして行きますね。



シロクロは次第に大胆になって............。
18-5-5.jpg


表側のテラスでも寛ぐようになり..........。
18-6-6.jpg


すっかり我家のネコのサブメンバーみたいです.................。
18-7-7.jpg







にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 病気&治療 | 19:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミーの絶不調........。

また長らくご無沙汰してしまいました


気がつけば、いつの間にかアクセスカウンターが
10,000を越えていました!
2008年5月から始めてようやくって感じもありますが
毎日更新もされていないのに、ご訪問下さった方々に
感謝、感謝です。

ブログをはじめて良かったなぁって思う1番のことは
みーまりの写真をマメに撮るようになったこと......。
ミーもマリーも子猫の頃の写真がすごーく少ないんです........(汗)
ちゃんと撮っていれば、ミーなんか17年分の記録になるのに。
何とか頑張って続けますぅ〜!


さてさて、


その後も、シロクロとクロシロの訪問は続き............。
白黒1w

ガラスを隔てて我家のネコが4匹になったような
気がするくらいになってきていましたが..........。

突然ミーが絶不調になってしまいました..............。
ミー1w

1年前位の肝臓の数値が突然700代に上がり、入院したことも
あったのですが、その後お薬で安定していました。
今年の夏位からまた少しずつ数値が上がってきていたので
お薬を変えてみたりして経過観察......。
変えたお薬の薬効があまり見られなかったので
新しいお薬に変えて1週間という時でした。
嘔吐、下痢、食欲不振.........。
グッタリの時ですが..............。

そんな時も気持ち良さそうに長〜くなって寝ています............。
ミー2w


不自然に長くて、もう1匹シロクロでも寝てるんじゃないか
という錯覚に襲われたので、念のため確認.............。
ミー3w


やっぱりミーだけでした.........。(あたり前か........。)


こんな時にも和ましてくれる
ミーらしいなぁ.........。

不調の詳しい経過は次に続きます...........。








にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

| 病気&治療 | 14:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マリーを苦しめる特大の毛玉.......(泣)

換毛期もようやく過ぎ去ったようで
床に落ちているみーまりの毛も
だいぶ少なくなりました.....。 が、
マリーは相変わらずエリザベス付けたままです.....。


写真

外してあげたいと思いつつ、また毛球症になってしまったら!?
という恐怖が頭をよぎり、外せないでいます。

幸いマリーもあまりストレスには感じていないようで
いまやエリザベスは体の一部のようになっています。


いつもこんな具合です..........。
P1100410_convert_20110519151105.jpg


でもせっかくのゴージャスな被毛も
首のまわりは傷みが激しくて
昔のようなフサフサのエプロンではないです...泣。


過去に外してみたことがあるのですが
久しぶりの解放感からなのか
早速せっせと毛繕いを始めて..
24時間で腸閉塞気味に!
常備薬のプラミールを飲ませて
何とかその時は回避できましたけど。

お風呂に入れるとゴソっと毛が抜けるので
エリザベスを付けていても毛玉づまりになります。
それがおっかなくて、お風呂になかなか入れられない..。
すると被毛がバサバサになってドレッドヘアー状態に。
これはさすがにヒドいと思って5月頃に
お風呂を決行しました。

もちろん事前に念入りにブラッシング。
そして洗ったあともブラッシングして
すぐにエリザベスを装着。

これなら大丈夫かなぁと思っていたのですが
2、3日後食欲不振に.......。
またもや詰まってしまったのです。

この様子では週末病院に行かなきゃって
思っていたのですが、ギリギリの金曜日に
珍しく毛玉を吐き出すことができました。

普通ネコは少しずつ毛玉を吐き出すことが
できるはずですが、マリーは滅多に吐き出す
ことができず、体内に滞留してしまいます。
薬で腸の動きを活発にさせながら、下から
出てくるのを待つしかありません。

(もし完全に詰まったら開腹手術..コワ過ぎ)

今回は吐き出せて良かったなぁと
思いましたが、何しろ特大の毛玉です。
私が仕事で外出中でしたので、
見守ってあげられず、一人で
そうとう苦しかったと思います。

特大の毛玉....グロイので追記に載せて
おきますね。
以前に載せた時も書きましたが
決してウ○チではありません。
(見た目が似てますが....)

いつも堂々巡りのマリーの毛玉との戦い....。
ホントにどうしたら良いんでしょうね。

冬にはまたモフモフの毛がはえてくる頃には
外してあげたいなーやっぱり。







にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村



≫ Read More

| 病気&治療 | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マリーのナゾの病気の記録(その1)


またもや、気がつけば桜満開の季節....も終わって散ってしまい.....。

ご無沙汰致しております。
今年はマメにアップするつもりが、既に2ヶ月に1回ペースに.......。
何とか軌道修正頑張ります。

今日は昨年からのマリーのナゾの病気の記録その1をお送りします。
というのも、またもや今日から若干症状が現れてしまって.....。
やっぱりしっかり記録しておこうって思い直しました。
でも、元気はメッチャありますから心配なさらないで下さいね。

そもそもその症状が始まったのは昨年の8月。
ちょうどお盆の時期にワクチンを接種して、接種後2、3日食欲が落ちました。
でもこれは例年のことだし、あまり気にしてはいませんでした。
ところがワクチンによる食欲不振は解消された1週間後くらいから
ドライフードをちょっとだけ残し始めたのです。
我が家ではミーが物凄い食いしん坊なので、置き餌をすることができません。
なので毎回食べきる量を与えています。
ちょっと残すから、ちょっとだけ量を減らすとやっぱりちょっとだけ残す......。
これを繰り返している内に、1回に食べられる量が5g程度に.....。
マリーは長毛種特有の毛球症による食欲不振は、これまでにも
何度もありました。
特にマリーは身体がノルウェージャンとしては小さいせいか
詰まり易く、そのため昨年の4月30日よりずっとカラー生活を続けていました。
ですので毛球症による食欲不振ということは考えにくく、さすがに心配になり
ワクチン接種から2週間後、病院へ連れて行きました。
F先生もワクチンの影響とは考えにくく、首をかしげるばかり......。
とりあえずいつもの毛球症による食欲不振の処置(レントゲン後、点滴と注射)
をしていただきました。
それから2、3日も経たないうちにマリーの食欲はすっかり元に戻りました。
「なんだ、こんなにすぐ良くなるならもっと早く病院へ
連れて行ってあげれば良かった」と反省しつつも一安心。
ところが1週間後、またご飯を残しはじめました。
再び病院へ連れて行き、「前回やって頂いた処置が劇的に効いて元気になったのですが、また元に戻ってしまったんです。」とF先生に告げるとF先生の表情がこわばりました。
実は私は知らなかったのですが、前回やっていただいた点滴の中に少量のステロイドを含ませてあったそうです。F先生はそれが「劇的に効いた」ということに反応なさっていたのでした。

F先生が今までのご経験から疑った病名は「FIPウィルスによるリンパ節炎」

ズドーンとへこみました。
1昨年もFIP疑惑で気分がどん底状態で、結果的に抗体価検査で陰性となり
そのお知らせに嬉し泣きだったのに、またFIP???
FIPは1度陰性と出たから安心というわけではなく、抗体価検査が良い結果でも
FIPを発症してしまうことも、かなりあるのです。
リンパ節炎はレントゲンにもCTにも写らないそうで、確定的な診断を下すには
試検開腹しかありません。
ですので、他に疑わしいことがあれば検査、治療をやってみて
最終的にどうにもならなければ試検開腹ということになります。
食べたがっているのに、食べ始めると何か違和感を感じて食べるのをやめてしまうというマリーの症状から「何か異物が詰まっている」「食道から胃にかけて異常な部分(炎症や閉塞など)がある」など他の仮説を先に調べて行くことになりました。
そして同時に血液検査とFIP蛋白分画の検査を行うことに......。
結果が出るまで再びどん底気分、いえ結果によってはずーっとどん底気分。
前回の経験からたぶん結果が出るのは2、3日後。
それまでは携帯が鳴る度に、ドッキドッキで過ごしました。
何をやっていても結果のことが頭から離れず、心配し過ぎて吐き気がするくらい.....。
どうか、どうかFIPではありませんように......。

(つづく)


私が吐き気をもよおす位心配していた時のマリーの様子。
P110048599.jpg

親の心、子知らず.....。
(マリーが下に敷いている紙は、私がF先生に正確な状態を伝えるために記録していた経過観察です
P110048799.jpg




にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村




| 病気&治療 | 18:09 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

最近のみーまり....近況報告。

ご無沙汰いたしております。

前記事では8月も間もなく終わり...なんて書いていたのに
9月を飛び越えてもう10月ですね。

実は前記事をアップした頃からマリーの体調に異変が起こり
9月1日に病院へ受診。
そこから原因不明のマリーの病気の治療がはじまりました。
色々な検査をしつつ、対処療法の毎日です。
主治医のF先生とともにあらゆる可能性を考えながら
原因を探しています。

9月は私の仕事も忙しく、マリーのことも心配で
何をどう過ごしたかよくおぼえていないような状態だったのですが
その嫌な事続きだった9月がようやく終わると思った9月30日の早朝
今度は突然ミーが体調を崩しました。
マリーのことと重なってパニックになってしまったのですが
その日から4日入院して治療していただきました。
原因は尿道炎だったのでホッとしていたのですが
なかなかすっきりとは治らず、昨日は絶不調の様子だったので
今朝あわてて病院へ........。
点滴、注射をしていただいて帰宅したところです。

まさか、まさかのみーまり揃って病気になるとは.......。
本当に思ってもいないことでした。
今ブログを書き続けるとどうしても闘病ブログになってしまうので
時々近況報告をさせて頂きつつ、元気になったらこれまでの経過を
綴らせていただきたいと思っております。

あ、でもみーまりとも少しずつ対処療法が効いて
大丈夫ですからご心配なさらないで下さいね。

皆様の所へも読み逃げが続いてしまって
ホントにごめんなさい。







にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

| 病気&治療 | 16:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。