2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一喜一憂.....。

ブツが出て舞い上がっていたのですが.......

その後も下痢が続き、食欲もそれによって左右されるのか

食べたり、食べなかったり........。

どうもすっきりと快方へは向かってくれません。

私が一喜一憂していてはダメなので

しばらく治療に専念します。

早く元気なマリーが戻って来るように

頑張ります。




にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
スポンサーサイト

| 病気&治療 | 10:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出ました♪

おかげさまで、先程無事マリーの身体からブツが出ました!

ご心配いただき、本当にありがとうございました。

昨日夕方からご飯を残さなくなったので、ブツは大腸の方へ移動しつつ
あるのかな?と思い、思い切って下痢止めをやめて
出させることに集中........。

ストーカーのようにマリーのトイレする様子を追いかけまわし
その度「小」の方でがっかり......。

「出ろ!出ろ!出ろー!」と念じつつ一緒に寝て
ずっーと待っていたのですが、朝になっても出ず...。

今日検査入院へ連れて行くか迷いながらウダウダしていたら
昼前にトイレへ.........。
ようやく期待のウ○チのポーズ!
注目して見守っていると........

出ました!!!20cm級のウ○チが!!!
もちろん毛玉で長ーく連なっています。
2週間もお腹の中にあったので、臭いー!
でも臭さより出てくれたことが嬉しくて、しばらく眺めてました。

たぶんこれで一段落。(のハズ!)
今週はたくさんサボッたので、来週は仕事に精出します.....。

でもこれから一段と多くなる抜け毛.......。
また、すぐ毛玉がたまりますよね。
昨年から考えていたのですが
マリーはサマーカットした方が良いのかな....?
でも痩せっぽちのマリー。
たぶんこんな姿になってしまいます.........。


耳の大きい妖怪........。
P105002499.jpg

でも、毛玉でこんなに苦しむのではそれも視野に入れないと
いけないかなぁ.........。
悩みます.........。


とにかく、今回はヨカッター!
本当に皆様、ありがとうございました!!!


にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ



*以下、追記は被災地の動物達の悲しい続報です。
かなり深刻な内容なので、お辛い方はやめて下さい。

≫ Read More

| 病気&治療 | 13:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になるマリーのちょこっとだけ.......。再度病院へ。

素直に治ってくれればなぁ......って期待していたのですが
やっぱりなかなかそうはいかず.........。

20日の早朝から下痢が始まってしまい、処方されていた飲み薬を中止。
非常薬の下痢止めを与えました。

食欲は全くないわけではないのですが
勢い良く食べ始めても、少し食べ進めると急に食べられなくなる
感じで残してしまいます。
行動も元気良さそうに見える時と、暗い場所でうずくまっている時
があったり、食、行動ともにムラがある感じでした。

昨日の早朝は全く食べなくなり、もういたたまれず再度病院へ....。

平日の昼間に私がやって来たので、F先生もびっくり.....。
会った瞬間に「マリーちゃん更に具合悪くなっちゃいましたか?」
と言ってくださいました。

体重は3.67kg。日曜より更に落ちています。
触診では問題なかったので、再度レントゲンを撮ることにしました。

日曜に撮ったものと比較すると、大腸近くにたまっていた石灰化した便は
奇麗になくなっています。
問題は小腸付近で、引っ張られたように集まっていて、そこに悪さしている
原因があるようです。

食べ始めて少しすると食べられなくなるのも
食べ物が胃に入ると、腸も動いてくるので、何らかの痛みや不快感があり
食べるのをやめてしまう.....という状況だと思われます。

とりあえずもう一度点滴の処置をして様子をみて
ダメならば検査入院をするということになりました。

腸の動きを良くする薬を飲むと、下痢をしてしまうので
しばらく下痢止めも飲みつつ併用していくことに.......。

点滴を受けて家に戻ってきた直後は割と体調が良いようなのですが
夕べも枕元で「ウーン、ウーン」とうなって寝ていたので
やっぱりしんどい時があるみたいで、撫でてあげるくらいしかできない
のがつらいです。

マリーが元気になってくれないと、何も手に付かなくて
早く出ろー出ろー!って意味なくお腹をさすったりしてます。

検査入院はマリーのストレスと身体の負担を考えると
なるべく避けたいので、
何とかこれで快方へ向かってくれると良いのですが......。



マリー:頑張ります!
IMG_0207_convert_20110422142152.jpg




にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

| 病気&治療 | 15:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になるマリーのちょこっとだけ.......。

それは4月9日の土曜日から始まりました........。

マリーが突然ご飯をちょこっとだけ残し始めたのです。

昨年ひどい膀胱炎になって一時期体重が3.1kgまで減少していましたが
最近では3.9kgにもなっていました。

よく食べて、よく遊んで.....そんな状況が続いていたので
嫌ーな予感.......。

それから毎食必ずちょこっと残す....。
ちょこっと残すからちょこっとしかあげないと、それをちょこっとまた残す......。

これがよく聞く猫の偏食なのか...?
私の中では何でもミーが基準になってしまっているので
偏食で困ったという経験がありません。
ミーは具合が悪くて入院していても食欲だけはあるタイプ。

偏食なのか、具合が悪いのか.....?

なんて様子を見ていたら、17日の日曜日の早朝には全くご飯がたべられなくなり
グッタリしている様子........。

あわてて病院へ連れて行きました!

ワンちゃんの予防接種で、もの凄く混んでいて、猫はマリーだけ!?
F先生の受付の時間ギリギリの到着だったのですが
すぐに診察して下さいました。

血液検査異常なし。
体重は3.78kg。やや減少。
レントゲンは.......腸の中に石灰化した便が肛門へ向かっていくつか。
胃の形状もやや不自然。
所見ではやはり毛玉が悪さしている可能性が一番高く
ひょっとしたら胃の中など写らない場所に異物の可能性も......
と、いうことになり、取り敢えず点滴、痛み止めの注射、そして飲み薬
で様子をみることになりました。

ハー、やっぱり毛玉かー。
もうすぐ喚毛期だから注意しなきゃって思ってはいたのですが
既にたまっていたなんて.......。

マリーは規格が小さいので、内蔵そのものも小さく詰まりやすい
みたいです..........。

帰宅後は治療のおかげで少し体調も良くなった感じだったのですが
昨日の朝は私の枕元で「ウーン、ウーン」ってうなされながら
ずっと寝ているので、そんなに苦しいのかと、ハラハラ......。

仕事に行っても気になって気になって、速攻で帰って来ました。
今日は休みをとって側についてあげてます。

ウ○チも出て、食欲もだいぶ回復。
まだミーと追いかけっこや取っ組み合いをする元気は
ないみたいですけど、顔つきもしっかりして来ました。

まだ完全には安心できないけど...たぶん大丈夫だよねマリー?



マリー:たぶんね。
IMG_0204_convert_20110419141824.jpg


マリーにとってはホントに悩ましい喚毛期の到来......。

どうやって乗り切っていくか....頭痛いです.....。





にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

| 日常 | 15:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おそろい.....♪

前記事はかなり重い内容となりましたが
「ペット可の避難所」というものが最初から想定されていれば
このような混乱は起きなかった筈ですよね。

でももう既にそれを実現するために尽力なさっている方々がいます。
sariさんにもコメントで教えていただきましたし、
まりまーさんもブログで紹介なさっていましたが、

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』


という署名活動が行われています。
既にご存知の方も多いと思いますが......
ポチたまで犬の「まさおくん」を連れて歩いていた松本秀樹さん
が中心になられているようですね。
期限は4月30日までです。
詳しくは....コチラ!!

で、私も早速職場で署名をお願いしました。
自宅や実家でペットを飼っている人は問題ないと思ったのですが
意外に全く飼っていない人も快く署名してくれて
(「ペットは飼ってないけど弟は飼ってるから...」なんて冗談を言う人もいたりして)
   ↑一緒に住んでる弟さん新卒なんですがまだ就職決まらず..お兄ちゃん大変です。


結局全員が署名してくれました!
と言ってもたいした人数ではないのですが、早速送りたいと思います。

*************************************************************************************************


で、ここからは普通にみーまりのお話です。

1月末頃のお話ですが、東急ハンズのペット用品売り場へブラリと立寄りました。
意外に品物が充実している.....!?
特に首輪が犬用、猫用とちゃんと別れていて(猫用が充実している
所って少ないですよね)カワイいのもいっぱい!

思わず衝動買いに走ったのですが.......
マリーのはすぐに決まったのですが、ミー用のがなかなか決まらず。
男の子用って難しい.....。
マリーを迎えるまではそんなに意識しなかったのですが
今はどうしても、男の子女の子を意識しちゃうんですよねー。


で、結局考えるのが面倒になり
おそろいの色違いにしてしまいました........。



革でできたお花の首輪です。
(メチャ色の悪い写真ですが、実物は奇麗なブルーとピンクです)
P1100403_convert_20110412145016.jpg


それなりに良いお値段したのですが、やっぱり衝動買いは失敗が多く..........


マリーは長毛に隠れて、お花なんてほとんど見えず.......
IMG_0184_convert_20110412141341.jpg

たまに鈴が見え隠れする位........。
IMG_0212_convert_20110412141902.jpg


マリー:ちゃんと付けてるのよ。
全く見えないー!
IMG_0198_convert_20110412141702.jpg


そしてこちらは.....
ブフッー!キャラが合わないー!
IMG_0276_convert_20110412142533_20110412145857.jpg


ミー:えっ!そう?
本人は感じていませんが..........。
IMG_0323_convert_20110412143529.jpg

付けてからしばらくの間は、ミーを見る度に可笑しくて可笑しくて.......。
お花がスチュワーデスさんのスカーフを結ぶ位置に来るんです。
それがまた可笑しな感じで......。
IMG_0280_convert_20110412142731.jpg

でも慣れってスゴいもので、だんだん結構似合ってるように
思えて来ました。


ミー:そう、ボクってバラが似合うオトコなの.......。
IMG_0306_convert_20110412143333_20110412150232.jpg


ハイ、ハイ............。

でも災害時のことを考えると、首輪やハーネスにも慣れておいた方が
良いですよね。
みーまりは、小さいときに慣れさせてしまったので
割と平気なようです。
13年前に初めてミーに首輪を付けた時は、びっくりして
狂ったように走り回っていました。
走っても、走っても自分の身体から鈴の音がするので
ある時諦めたみたいです。



慣れと言えば.....
余震が続きますよねー。
慣れては来ましたが、ちょっと大きめのが来ると
やっぱり緊張します!

ところが、みーまりはすっかり慣れてしまった模様。
かなり大きな余震でも全く変わらずリラックス顔.........。
おいおい、キミ達そんなことで大丈夫?


ミー:ボク大丈夫!
IMG_0242_convert_20110412142343.jpg



野性の感ゼロ、緊張感ゼロのみーまりです.........。
早く余震ゼロになってくれー!!
落ち着かないよー!!





にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

| 日常 | 16:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

目をそらしてはならない現実.....。

最近知った震災に関わる知らせの中で、とっても嬉しい知らせと
とっても辛い知らせがありました......。


とっても嬉しい知らせとは「南の国のねこぐらし」sariさん
記事の中でリンクして教えてくださったのですが
猫の島として有名な宮城県の「田代島」の猫達が奇跡的にほとんど
無事だったということ!
人口より猫の数の方が多いこの小さな島はどうなってしまったんだろう......
ってずっと思っていました。
これだけ混乱している状況でニュースではなかなか伝わって来ないと思って
いたのですが、きちんと取り上げてくれているところもあるんですね。

他にも被災したペット達を保護している動物病院の様子なども記載されています。
記事はコチラ→「ぼくたちも懸命に生きてます」




そしてとっても辛い知らせとは、わたしの元へ届いたある動物保護団体からの
メールです。
以下、転載します...........。



********************************************************************************

この度の東北関東大震災において、多数の方々が被災され不自由な生活の中復興に向けて歩み始めておられます。
被災地における動物たちの現状にも心痛む思いでいっぱいです。
私共も少しでもお役に立てればと思い、自分たちに出来ることを日々模索しております。
そんな中、埼玉在住の動物愛護活動をなさっておられます方よりこんなメールをいただきました。

以下、受信メールのまま
「28日まで、さいたまスーパーアリーナで、私と川口市NPO風の夢の方と、犬猫の一時預かりの呼びかけに参っていまた。
アリーナ4階の双葉町の方からお聞きした話しですが、50名の被災者の方々が、犬猫と共に、双葉町から双葉町のバスで、埼玉Sアリーナに向かう途中、東北自動車道の小さい山がいくつか続く辺りで、突然、今から30分で犬猫を山に放せと言われ、みなさん泣く泣く、犬と猫を山に放したとお聞きしました。(愛護法違反をさせた事に‥)
みなさん涙をながし、声を震わせながら話してくれました。
突然の事で東北自動車道の、どの辺りかも把握できなかったらしいです。
詳しくは不明ですが、議員17名の会議で、このような残酷で違法な策になったとの噂話しも聞かれました。
埼玉Sアリーナへ向かう前、被災者の方々は、3日間で帰宅できると報告されていたり、車がないお年寄りの方など、犬猫を自宅に置いてきた方も多数いました。
他にも多数あるのでしょうが、残酷で涙が止まりませんでした。
4/3日~5日に、阪神大震災の経験者と東北出身者、私の3名で、さいたまスーパーアリーナに避難されたいた(次の避難先は加須市)保護希望者で、ご自宅に残して来られた犬猫と、放浪動物の保護を目的に、東北自動車道の付近捜索から、双葉町方面に、行ける範囲まで向かう予定です。
それでは またメール致します!」

確かに、未曽有の天災に襲われ苦渋の決断を迫られたことは察することはできますが、やむなく指示に従った方々の悲しみはどれほどだったでしょう。
また、事情も分からず信頼していた飼い主さんと別れなければならなくなった犬猫たちの気持ちはどれほどだったことでしょう。
このメールで知ることができるのは、本当に起こっているいることの一部かも知れません。
新聞、テレビ等の報道でも犬猫の事柄はあまり触れられてはいないような気がします。


***************************************************************************************
以上が送られて来たメールの内容です。


混乱の中、色々な情報が飛び交う中でこの情報の真偽はわかりませんが
仮に真実だったとしたら、あまりにも辛く憤りを感じます。

大地震→大津波→原発からの放射能漏れという大惨事が連続して起こり
二次災害、三次災害と広がる中で避難の最中で
またこうした悲劇が起こっている現実..............。

子供や孫のように可愛がっている犬猫達を連れてせっかく避難してきたのに
途中の何処かも分からない場所で自ら放すなんて.......。
私だったら、絶対無理です。
みーまりを連れて私もバスを降ります.....。
何のあても無くても、とにかく降りると思います。

でもきっとバスの中にはそんな行動にも出る事ができない
お年寄りや体力のない方々もたくさんいらっしゃったことと思います。
また、そうせざる得ないような状況がそこにあったことも
お察しいたします........。

そうした決断を下した方も苦渋の決断だったと思いますが
なぜ、取り敢えず避難所までは連れてくることを考えてくださらなかったのでしょう。
避難所まで連れて来てくれれば、このメールを送ってくださった方のように
手を差し伸べる愛護団体始め、様々な支援もたくさんあるのに.......。
飼い犬、飼い猫の遺棄は動物愛護法に違反することですし
飼い主達に意にそぐわず遺棄する行為をさせたことは
一生の心の傷となります.......。

また、何処だかも全く土地勘のない山の中に突然放されたワンちゃん、猫ちゃん達.......。

今、どんなに不安で恐い思いをしているのでしょうか。
どんなにお腹を空かせていることでしょうか。

こうした大災害が起こった中で優先順位があるのはわかります。
でもこうしたことが、その混乱の中で闇に葬られていく恐さをものすごく感じています。

お願いです!
困難なことが目の前にあったら、一部の判断で即断せずに
どうか広く相談し、意見を求め、援助を求めて下さい。

今、私達みんなの目が困難に立ち向かう方々を少しでも助けたい、役に立ちたい
という方向へ向かっています。
手をのばしてくれさえすれば、受け止める手は必ずそこにありますから......。
その時できる最善の策を探って行きましょう。

どんなに小さな命でも、失われて行くのはもう嫌です。




*その後の続報を追記させていただきます。


上記メールを書かれた方の続報が、動物愛護団体を通じて
私のところへも入って来ました。
前回の内容があまりにも反響が大きく、被災者から聴いた
泣きながら訴えた被災者がいらしたという伝聞で事実がはっきり
しないままに大きくなり、現場はとても混乱なさっているようです。
更なる混乱を招くといけませんので、メールの転載は控えさせていただきますが
まず、動物達の保護を最優先なさるということが力強く書かれていました。
強制遺棄の真偽とは関係なく、たくさんのワンちゃん、猫ちゃん達が
放浪しているのは事実のようですし、1匹でも多くの子が
保護されることを切に願っています。
それぞれの立場で、被災した方々、動物達のことを思って起こった
混乱だと思いますが、色々な事に神経をすり減らしながらも、
この方のように実際にすぐ行動なさって下さる方々には
本当に頭が下がる思いでいっぱいです。





にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ




| 日常 | 15:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。