PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫の恩返し.....。

今日は前回に引き続き、実家の猫達のお話です...。
「猫爺さん」である父は家猫4匹以外に、野良ちゃん達の世話もしています。
家の前の駐輪場の片隅にある、小さな小屋がその拠点です。
野良ちゃん達はそこで食事をしたり、寒い日は小屋の中で眠ります。
特に極寒の今の時期は、使い捨てカイロまで常備されていますから
かなり居心地は良いはず.....。
とはいえ、家猫と違って外で暮らす猫達の生活はやはり過酷です...。
今、父が面倒をみている野良ちゃんは、「タロキチ」「ジロウ」「ミカ」
の3匹ですがつい先日も、腎不全と極度の貧血により1匹亡くなったばかり
だそうです。
父がこうして野良ちゃん達の世話をすることを、私も全面的に賛成を
しているわけではありません。
個人がボランティアとしてやるには少し限界を越えていると思うし
近隣とのトラブル、また共に暮らす母のストレスも無いとは言えません。

何か解決策はないかなと思い、私も地域のボランティア団体へ参加した
こともありますが、集団になると行政への働きかけや保護活動の一般
への周知など、やり易くなることがあるのも確かですが
やはり基本は個人の負担で成り立っているのが現状であり
保護活動の難しさを改めて考えさせられました。

話が横道に逸れましたが、過酷な環境で生きている野良ちゃん達ですので
父が世話をする数も常に変化しています。
病気で亡くなる子、車に轢かれてしまう子....家猫に比べはるかに短い猫生
を終えていき数が減る時もあれば、野良ちゃんがどこかで子供を産み
子連れで突然現れたり、心ない人がこっそり置き去りにしていくこともあります。

先日ロシアンブルーの子猫が置き去りにされたそうです。
目の具合が悪く、雄雌も判断がつかなかったので(里親探しのためには必要なので)
父が病院へ連れて行くと、獣医の先生が知り合いの裕福な患者さんへ連絡してくれて
一気に里親が決まったそうです....。
「人間も猫も器量が良いと違うね..」と思わず母と笑ってしまいました。

また昨年夏の話ですが、突然父が入院してしまいました。
病名は「肺血栓塞栓症」。
心臓から肺へ血液を運ぶ血管である肺動脈に、血液の塊が詰まり、肺動脈の流れが
悪くなったり閉塞してしまう病気です。
いつも通り猫達の世話をしていて、猛烈な息苦しさに変だなと思って
自転車で近所の大学病院まで行き、そのまま即入院...。
血栓が完全に詰まってしまった時点で、大変危険な状態に陥るので
酸素吸入器を装着し、トイレへ行くことも許されず絶対安静です。
しかしそんな状況でも、父は残して来た猫達のことが気になって仕方がありません。
「猫の世話をしなきゃいけないから、外出させてくれ」と主治医の先生に
お願いしたそうです。もちろん許可されませんでしたが.....。
後からこの話を聞いて、さすがに私もあきれてしまいました....。

その日から「猫爺さん」の役目は母にまわって来ました。
父はこと細かに「クマキチには○○の缶詰めを...。ジロウには××のカリカリを...。」
とその子の嗜好に合わせたご飯をあげるように、病室で母に細かく指示しています..。
全くあきれる筋金入りの「猫爺さん」です.....。
入院している父の世話をしながら、家猫4匹と野良ちゃん達のお世話まで
するのは大変。
増して非常に暑い時期でしたので、今度は母が倒れてしまうのではないかと
ホントに心配でした....。

その時いた野良ちゃんの中に「ボロ雑巾」と呼ばれている子がいました。
見たままの全くひどい名前ですが、かなり弱ってボロボロな状態で
父の猫小屋に辿り着いたのです。
かなりお腹を空かせていたようで、ガツガツとものスゴい食べっぷり...。
父は入院中ずっと「ボロ雑巾は大丈夫か?」と気にかけていました。
娘の私としては「あなたこそ大丈夫!お父さん!」と言いたい気持ちでしたが....。

しかし、とても残念なことに「ボロ雑巾」は父が入院して1週間後
猫小屋の前で冷たくなっていました.....。
近所の人が母に知らせてくれたそうです。
母は亡骸をダンボールに移し、業者に埋葬をお願いしました。
今は川崎にあるペットを供養してくれるお寺に眠っています。

いつもは「猫爺さん」と猫達について私に愚痴ばかりこぼす母ですがこの時は
「ボロ雑巾がお父さんの身代わりになってくれたような気がしてね」
と突然言いました。
確かにその頃から父の容態は好転し、3週間程度で退院できるようになったのです。
もちろん単なる偶然ですが、過酷な猫生を歩んだ「ボロ雑巾」が
最後に辿り着いた父の猫小屋で、わずかな和やかな時間を過ごし
身をもってその恩返しをしてくれたように私も思え、心の中で合掌しました。

いつも冗談で「お父さんが三途の川を渡る時は対岸にものスゴい数の
猫がお出迎えしてくれているね!」と言っていますが
きっとその中に「ボロ雑巾」も混ざっていることでしょう....。

気がつけば、とても長い記事になってしまいました。
最後まで読んでくださってありがとうございます。

また前記事も含め父に暖かいコメントを、ホントにありがとうございます。
皆様からのお言葉は有り難く父に伝えております。
とても励まされ喜んでおりました!





実家で蝶よ花よと溺愛されていた時のミーです...。3ヶ月位かな...。
P103001199.jpg


次回からいつも通りみーまりのお話です!!



にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ�|�`�b
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ�|�`�b
スポンサーサイト

| 猫爺さん | 14:32 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんだかじんわりと涙が出てきました。
お父様が三途の川の淵まで行っても、
対岸にいるたくさんのニャンコ達に
「まだ来るなー!」と追い返されるでしょうね。
そして、本当に渡る時が来たら、
みんな手を振ってお迎えしてくれるんだろうな~と想像しました。
なぜか、ニャンコたちみんな手を振ってダンスしている画です。(笑)

野良猫問題は本当に難しいですね。
正直、うちの実家は(野良にゃん+お隣さん猫に)大変な目に
あっているので、何が良いかを考えると答えが見つかりません。
けど、まずはそのコミュ二ティの意識改革と意識統一なのかな。

| commy | 2009/01/10 16:05 | URL | ≫ EDIT

うーん、なんだか泣けちゃいますねぇ。
でも三途の川での沢山のにゃんこさんのお出迎えを
想像したら、ちょっと笑っちゃいました(笑)
きっとそれぞれ個性的なお出迎えをしてくれるんだろうな~。

野良猫、野良犬の問題は、どんなに考えても答えが見えませんよね。
しかし、今住んでいる地域は昔仔猫が産まれたら
ビニールに入れて川に捨てていたそうです・・・
その当時から考えると野良さんでも避妊手術をしたり
保護団体が出来たりと少しずつではありますが
前進しているんじゃないですかねぇ・・・

| ぽち | 2009/01/10 21:02 | URL |

外猫ちゃんの世話は、大変ですよ。ご飯や虚勢手術よりも、ご近所さんの目の方が、
怖い...。私の知り合いの方の家も、外猫ちゃんが居て、ご近所さんから嫌がらせを受け、
玄関に薬をまかれたそうです。一番、苦痛を感じたのは、その家の奥さんです。ヒカコさんの
お母様は、大丈夫でしょうか...?
私はこれが一番心配で、怖いと思います。
家の周りにも野良猫ちゃんが、どんどん増えてます。皆、捨てられてそこから増えていますね。野良猫は人が作った生き物...でも、世話すると恨まれてしまう。とても、複雑ですね。

ミーちゃん可愛い~v-345
やっぱり仔猫は、最高~v-415

| もくれん☆彡 | 2009/01/10 21:16 | URL | ≫ EDIT

素晴らしい、猫爺さん本当に素晴らしい。
私も猫が大好きで毎日一緒に暮らして
いますが、私なんてまだまだだな!と
思ってしまいましたね。
ボロ雑巾ちゃん、きっと゛こんなに優しい
人もいるんだ゛と感じたのではないで
しょうか?最後には顔を見る事ができず
旅立ってしまったようですが、きっと
幸せな気持ちで逝けたような気がします。
猫爺さん、ゆっくり静養されて元気に
なって下さいね。

| shuchanmama | 2009/01/11 10:23 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/01/12 15:39 | |

遅くなってしまいましたが、
明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い申し上げます!!

お久しぶりになり、すみません。

ミーくん、マリーちゃん、ヒカコさん、お元気そうで何よりです。
うーん・・・。
泣ける話です。
三途の川でも大好きな猫に会えるなんて・・・。
嬉しいですよね。
私も外猫の世話をしていますが、
2匹でも大変なので・・・。
ヒカコさんのお父様はもっと大変でしょう。
ヒカコさんのお父様、早く元気になってくださいね。

| ★風華★ | 2009/01/12 18:04 | URL |

素敵なお父様ですね。
お父様を頼っているたくさんのネコたちのためにも
お身体大切に、あまり無理はされないようにね。

| ちぽ | 2009/01/13 17:20 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/01/15 12:59 | |

素敵なお話ですね。
自然と泣けてきます。

猫はとても礼儀正しい動物だと思っています。
きっと、与えた愛には、きちんと応えて
卑しい心のない親切心にも、きちんと応えてくれるんだと
思っています。
素敵な猫爺さん、体だけはムリしないでくださいね。

| 小春のママン | 2009/01/15 19:27 | URL |

こんばんわ^-^ ご無沙汰しちゃってスミマセン;

この記事を読んで、心が熱くなりましたよ。。
お父様の想い。 なかなか好きという感情だけでは、できないことですよね。
私も、少し前に聞いた話なのですが
「猫を粗末に扱うと、7代祟られ
  大事にすると、7代守られる」
という言葉があるんだそうです。
猫ちゃんたちはお父様に、感謝の気持ちでいっぱいでしょうから
たくさんの猫ちゃんが守ってくれるはずですよ^-^b
お大事にしてくださいね>人<

| 神崎愛香 | 2009/01/16 02:01 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます♪

i-264commyさま
そうですねー。今はまだ当分川を渡った猫達に
追い返されて欲しいと、娘としては思っております。i-179
でも可愛がった猫達がずらっと並んでお迎えしてくれる
と思うと来世も楽しく感じますね..。
野良猫問題はホントに難しい問題です。
猫達自身は全く罪がなく保護されるべきですが
それぞれの立場、嗜好によって
感じ方も全く違いますし.......。
結局答えが出ない問題なのだと思いますが
わずかずつでも野良猫の生きる環境が
整って行って欲しいと思います。
commyさんのお母様猫で迷惑していたのに
commyさん宅へ泊まりにいらした時頑張って
うーたんと仲良くなろうとしていらしたんですね。
素敵なお母様ですね♪
ブログ最終回はとても残念で寂しいですが
またぜひ遊びにいらして下さいね!


i-264ぽちさま
そうなんですよー!
母とはいつも三途の川で猫が大挙して父を待ってるって
笑い話にしています.....。
きっとそこではご近所に気を使う必要もないだろうし....i-179
しかし、ビニールに入れて川に捨てるのはひどいですね。
確かに私が子供の頃に比べれば、保護する体勢は改善されて
はいると思います.....。
答えは出ませんが、わずかずつ着実に環境づくりが
できれば良いですよね....。


i-264もくれんさま
玄関に薬ですか?
ひどいやり方ですね......。
ご近所とのもめ事って一番ストレスかかりますよね。
本来くつろげる我家にいることが、苦痛になってしまいますからね。
母もその点ではかなりストレスを抱えているようです。
私が聞き役になったり、旅行に連れ出したりして
時々ガス抜きしてあげてる感じです。
猫達には何も罪が無くホントに答えが出ない問題ですよね。
ミルちゃんを見ていると、もくれんさんに大事に育てられて
天使のように可愛くなって....こういう子がもっと増えて欲しい
なぁって思います。


i-264shuchanmamaさま
お人好しで優しいだけが取り柄の父ですが
野良猫にとっては大事に思ってくれる存在なのかも
しれませんね。
歳をとって増々涙もろくなり、ボロ雑巾の訃報を
病室で聞いて「かわいそうだなぁ」と泣いていました。
私もボロ雑巾が少しでも幸せを感じて逝ってくれたのかな
と思うと救われる気持ちです。


i-264★風華★さま
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します!
風華さんも野良ちゃんのお世話をなさっているので
大変さ、難しさがよくおわかりだと思います。
答えが出ない問題ですが、少しずつ野良猫をめぐる
環境が改善されていって欲しいですよね。
私達自身ができることはほんのわずかですが
この小さな積み重ねが大事なんでしょうね.....。
父もまだまだ頑張るようですので、風華さんも頑張って下さいね!


i-264ちぽさま
そうですね、逆に父を頼る猫達がいる限り
父も頑張って元気でいようと思っているはずです。
猫達に支えられているのは、父の方かもしれません.....。


i-264小春のママンさま
ホントにそうですね。
猫だけでなく動物達は邪心がないから
与えられた愛には素直に応えてくれますよね。
だから人は癒されるのだと思います....。
小春ちゃんもママンさんの愛に応えて
ホントに美人さんの猫ちゃんに育ちましたねi-179


i-264神崎愛香さま
こちらこそご無沙汰してしまってゴメンナサイ!!
また後ほどゆっくり訪問させて頂きます!
7代祟られるのは恐そうですね...i-230
7代守られるように大事にしなくては.....i-179
そうですね、今回のボロ雑巾にはホントに父が守られて
いたような気がします....。
私もボロ雑巾に感謝の気持ちでいっぱいです....。

| ヒカコ | 2009/01/16 17:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://miemaricrayon.blog61.fc2.com/tb.php/73-90256a87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。